今日の大きな考え事

参考にしていただけそうなことを中心に、いろいろ紹介しています。

楽しんで英語力を上げたい人へ。僕が徐々にTOEICスコアを230あげた方法の紹介

 

なかなか英語が上達しない!と感じている方に少しでも参考になればと思い、私が40才を過ぎてからTOEICスコア840に至った、英語力を上げる方法を紹介いたします。

f:id:solocamptouring:20180911053856j:plain

 

英語で何をするのが苦手?

人それぞれで違いがありますが、英語の不得意意識や、習得する気になれないのは、どうしてでしょうか?

  • 知らない単語が多い
  • 早口すぎて、何を言っているのかわからない
  • 相手が言っていることは、なんとなくわかるけど、返事の文章が思いつかない

私の周りでは、こんな風に感じて英語が苦手だと感じている人が多いようです。

日常生活の中で、これらを自然に克服する(私が克服した)方法を紹介いたします。

英語の語彙力

まず単語ですが、覚える努力ではなく趣味や買い物で、英語の文章を読んでみます。

海外の通販サイトや、海外で同じ趣味を楽しんでいる人達のブログ、道具の海外メーカーのサイトなら、興味を持って英語の文章を読めると思います。

知らない単語がでてきたら、思わず調べたくなります。

TOEICのリーディング問題は、広告文や招待状に関する文章もあり、海外のサイトを読んでみる事で単語力だけでなく、典型的な言い回しにも慣れておくことができます。

趣味やリラックスしている時間に中に、少しだけ英語力をあげる行動を追加して、楽しみながら、英語力をあげてみませんか。

英語がきこえる耳と、英語で思っていることを伝える力

英語を歌で練習

歌唱力の向上が目的ではないので、実際にカラオケに行って歌う必要はありません。

できれば、あまり激しい内容ではない洋楽がいいのですが、英語のフレーズを、音楽に合わせて歌ってみます。

自室や車の中などのプライベート空間で、洋楽を一曲、暗記して曲に合わせて歌えるようになるまで、何度も歌います。

最初は聞き取れなかった部分も、歌詞を見ながら、または覚えた歌詞を思い出しながら歌う事で、徐々に歌詞どおりに聞こえてきます。

歌詞で意味がわからない単語や言い回しは、歌詞を暗記する過程において、辞書やインターネットなどで調べたくなります。

1曲をマスターすると、1箇所以上、多ければ数カ所は、使って見たくなる言い回しをみつける筈です。

歌に合わせて口を動かしているので、実際に言い回しを使う時には、スラスラと言えるようになります。

英語で映画をみる

ほとんどのブルーレイやDVDは、言語と字幕が、それぞれ英語と日本語から選べます。

まずは日本語で観て、それぞれのシーンで言っていることを理解します。

次に、日本語+英語字幕で、観てみます。

最初は字幕を追いきれないですが、ポイントとなる単語だけでも拾えるように、字幕に目を通します。

意味のわからない単語が減ってきたら、英語+日本語字幕で観てみます。

早口で聞き取れない部分がありますが、次に英語+英語字幕で観て、どのような英語か理解します。

この一連の言語切り替えを何度も繰り返して、理解できるレベルまで聞き取れてきたら、以前よりも自信が持てたと思います。

徐々に日常会話が多い映画に挑戦していくと、応用でいろんな会話文がきこえる耳になります。

私は、大人も子供も楽しめるディズニー作品から始めて、今ではアメリカのドラマシリーズで、初めて英語音声で観ても、半分以上は言っている意味が理解できるようになりました。

英語の時間とチャンスをうまく使う

英語で会話することに尻込みしてしまいがちですが、恐れることはありません。

我々日本人でも、日常会話では間違った日本語文法で意思疎通していることがあります。

英語圏の人達でも、多様な出身国の人達の会話を聞いていると、んっ?っと思うような言い方をしている人もいます。

実際の会話の目的は正しく喋る事ではなく、伝えることです。

日常生活の中で、困っている外国人がいたら英語で話しかけてみるとか、ソーシャルネットワークで繋がって文通してみると、思いのほか会話が成立したりします。

最初はぎこちなく喋る(書く)ことになるかもしれませんが、相手の言い方に毎回気付きがあり、それを真似しているうちに英語力があがっていきます。

f:id:solocamptouring:20180911054944j:plain

もっと短時間でTOEICのスコアをあげたい

楽しみながら徐々に英語力をあげて、結果的にTOEICのスコアが上がった方法について紹介してきましたが、そんな悠長なことはやってられない、今すぐにスコアを、少しでも上げたい人もいると思います。

実力ではなく受験テクニックなので劇的な効果はありませんが、何度も受験しているうちに見出した、私なりのTOEIC受験のコツを紹介いたします。

次の設問に注力する

聞き取れなかったり、単語がわからなかったりした場合、時間をかけて悩んでしまいがちです。

しかし、どちらの場合も、その場ではどうしようもありません。

それらしい答えを選んでおいて、次の問題に備える方が得策です。

余った時間は、次の問題の選択肢や画像や文章を、先に見始めてしまいます。

この方法が特に有効なのが、会話を聞いて相応しい選択肢を選ぶパートです。

うまくいけば、会話を聞き終わってすぐに選択肢を選べるので、また次の問題でも、選択肢に先に目を通しておくことができます。

キーワードを拾っておく

リーディングの設問は、時間がなくなってしまい、最後の問題まで回答できない事があります。

点数を上げるためには、最後の問題まで行きつきたいところです。

時間短縮のために、なるべく一回読むだけで設問に回答しないといけないので、読みながらキーワードを見つけ出しておきます。

5W1Hの質問で、その英文で鍵となる場所を把握しながら読んでいきます。

場合によっては、設問を先に斜め読みしておいて、例えば「時間」について聞かれる問題だと把握した上で英文を読むのもいいと思います。

ナイアガラの滝(カナダ滝)

I wish you have a happy life!

最後まで目を通していただき、ありがとうございます。

私の周りにも、英語力をあげたいけど、何から手をつけていいかわからず、気持ちが後ろ向きになってしまっている人がたくさんいます。

楽しみながら、少しでもご自身の成長を感じられたら、励みになって、さらに先を目指せると思います。

諦めずに、毎日少しの時間でも英語に接して、世界中の情報を自分の好きなことに活かしてみてください。